<攻殻機動隊ARISE border:1>
http://kokaku-a.com/

公安9課が出来る前、まだ草薙素子が少佐じゃない時代。
当時陸軍に所属していた素子は自分の恩師に当たるマムロ中佐の謎の死を追って
そのうちにいろいろ事件の裏に潜む陰謀に遭遇していく、みたいなお話。

映画、というよりは劇場で放映するOVA的なノリで
劇場で当作品のブルーレイが販売されたり(確か8000円ぐらい)
次の話は11月に公開とかすでに告知してたり。

攻殻機動隊自体は「多少の触りは知ってる」程度の知識ながら
それでも何の問題も無く話の展開にのめり込む事が出来た。
多分シリーズ初見でもほぼ問題無いと思う。
(さすがに設定を全く知らんのは辛いけど)
何か危惧されていた素子の声役の坂本真綾も
自分は全然問題無し(むしろ上手い事ハマってると思った)。
「やっぱりProductionI.G.の劇場作品はハズレ無し」
ってのを実感した作品。
(個人的にはI.G.とマッドハウスの劇場作品はハズレ無しと思ってる)

間違いなくborder:2も見に行く事は確定(´_ゝ`)
あと、ロジコマかわいいよロジコマ(ぉ

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.dcs.ciao.jp/trackback/949290

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM